2016年11月28日月曜日

アウォード2016一次審査結果を公開しました

アウォード特設サイトで一次審査の結果を公開しました!
http://t-k-award.sakura.ne.jp/index.html
11月27日(日)に、 二次審査首長(4名)への審査を依頼し、

12/16(金) 二次審査〆切
12/23(金) 二次審査公表・受賞者決定

という運びとなります。

なお、二次審査首長は次の方に依頼中です。

・平井伸治 鳥取県知事
・谷畑英吾 滋賀県湖南市長
・小坂泰久 千葉県酒々井町長
・都竹淳也 岐阜県飛騨市長

どうぞ、結果をお楽しみに!

2016年11月22日火曜日

参加首長メッセージ<53>

白岩 孝夫(山形県南陽市長)
20161122日から 白岩 孝夫 山形県南陽市長 が参加しました

"我が郷土、南陽市の偉人である、元大蔵大臣で第15代日本銀行総裁等を歴任された結城豊太郎氏は「ふるさとは国の本なり」という考え方から、郷土の充実発展に生涯尽力されました。それを基本姿勢に、活力のある地域づくりを推進するため、積極的に地域に飛び出す公務員をこれからも応援してまいります。"
(2016年11月22日)

2016年11月7日月曜日

参加首長メッセージ<52>


管家 一夫 愛媛県西予市長からのメッセージ
2016114日から 管家 一夫 愛媛県西予市長 が参加しました


地域力の創造や地方創生には、地域に飛び出す職員の経験と現場力が大きな原動力となります。西予市長となり、職員が積極的に地域に飛び出し、汗を流している姿をよく見ます。市長として、この姿勢を後押しする応援団長となるため、皆さんと共に飛び出す公務員をサポートして行きたいと思います。

2016年10月31日月曜日

参加首長メッセージ<51>

今泉 文彦 茨城県石岡市長からのメッセージ
〇2016年10月27日から 今泉 文彦 茨城県石岡市長 が参加しました

職員が一市民として同じ目的や志を持った仲間と集い、交流することは,思いを共有することにつながります。より良いまちづくりを続ける,そして地域でのパートナーシップを築くために,公務員という枠にとらわれず,積極的に自分のまちに関わってもらいたいと思います。どんどん地域に飛び出しましょう!
 
 

2016年10月19日水曜日

Web投票及び首長連合加盟首長の投票による一次審査が開始!

今年、2年ぶりに募集した「地域に飛び出す公務員アウォード2016」
各地から面白い取り組み、すごい取り組みのメンバーたちが応募してくれました。


早速、Web投票及び首長連合加盟首長の投票による一次審査が開始されています。
投票受付は、11月11日(金)までです。

Web投票はFacebookアカウントをお持ちの方ならどなたでもご参加いただけますので、奮ってご投票ください!SNSによるシェアも大歓迎です。エントリー一覧はこちら↓

アウォード2016 Web投票(エントリー一覧)

2016年9月30日金曜日

「地域に飛び出す公務員アウォード2016」エントリー受付中!

一昨年に企画された「地域に飛び出す公務員アウォード2014」から早2年。

「地域に飛び出す公務員アウォード2016」として、エントリーは、本日、9月30日が締め切りとなっています。 

(特設サイトURL

http://t-k-award.sakura.ne.jp/2016/index.html

 

自薦のみならず,他薦でのエントリーも可能となっておりますので,皆さまお持ちのTwitterFacebookなど,あらゆる手段で、さらなる拡散にご協力いただけるとうれしいです。

 

ちなみに、選考方法は…↓

http://t-k-award.sakura.ne.jp/2016/award/index.html

【一次審査】

Web投票および「地域に飛び出す公務員を応援する首長連合」に加盟している首長の投票により、10人ほど”飛び公”を選出します。

【二次審査】

審査委員審査により、4人ほど”飛び公”を選出します。

 

もちろん,前回アウォードを受賞されなかった方のリエントリーも大歓迎です!
ぜひともエントリーをお願いします。

(特設サイトURL

http://t-k-award.sakura.ne.jp/2016/index.html

 

首長連合に加盟している首長及び事務局スタッフ一同,みなさまのエントリーを心よりお待ちしております!!(≧▽≦)

--------------------------------------

主催:地域に飛び出す公務員を応援する首長連合

    地域に飛び出す公務員を応援する首長連合事務局

 

アウォードに関するお問い合わせ先は下記まで

http://t-k-award.sakura.ne.jp/2016/mail/index.html

参加首長メッセージ<50>

岡田 正市 千葉県印旛郡栄町からのメッセージ

○2016年9月28日から 岡田 正市 千葉県印旛郡栄町長が参加しました

 町では、既に職員の地区ボランティア制を行っており、地域と密着した町行政を進めています。このことで、少子高齢化が進む地域の課題を把握し、職員自らこれを解消し、地域における町役場や職員の信用力を高めているところです。
 今後も地域の良いところを伸ばし、地域の課題を一緒に解決するため、積極的に地域活動に参加しましょう。